このページの新たなるライバルか?(笑い)



 

埼玉県に憧れを抱き始めてから約4年後の2003年5月1日、「Amatiasの玉手箱」としてこのページは生まれました。
2013年にはめでたく開設10周年という一つの節目を迎えましたが、さらに中学生の頃までぐぐぅーんと遡ってみると、 埼玉県に憧れるさらに前からずっと「いいよねぇ」って思い続けてきた地がありました。
それが、関東地方から約500キロも離れた北陸地方の中心地として著名な、石川県金沢市。


 

この地に対して、石川県の県庁所在地という知識だけしかなかった中学生の頃、北陸地方へ修学旅行に行ったクラスの話を聞かせてくれました。
「特に金沢は圧巻だったよ!」という一言は、当時の私には衝撃的でした。
まず、金沢という響きがすごく情緒的で、この名前が本当に大好きでした。いったいどんな雰囲気の街なんだろう?何が有名なんだろう?
そして、どんな特徴があるんだろう?って思いをめぐりにめぐらせて、私の中での金沢はすごく美しい所というイメージをずっと持ち続けてきました。


 

2011年、縁あってついにその地を訪れる時がきました。と言っても、観光では無く仕事で行ったんですけれど、
それでも目の前に飛び込んできたぴりっと張り詰めた空気の中に根付いた風情ある雰囲気は私の想像を遥かに越えるほどものすごく、
十数年間自分の中で眠っていた憧れが突如目を覚ましてしまい、それ以来毎年観光を兼ねて金沢を訪れるようになったんでした。
そんな、独自のレポートを交えつつ、このページを通じて少しでも金沢の魅力を自分なりに発信していけたら、そして皆さんとこの情報を共有できたら幸いです。


 

「弁当忘れても傘忘れるな」は、金沢の確言?
北陸地方を代表するこの確言。でも、どうして金沢で特にこの言葉が普及したんでしょうか?


 

世界中では評価の高い金沢
日本では京都・奈良といった有名な観光地に少々押されがちでも、実は世界各国からはこの地が注目されていることにびっくり!(@@) 


 

お土産をもらったのに『気の毒な』って?
金沢を中心に広まったと言われる北陸地方全土で通じる表現ですが、何も知らずにいきなりこの言葉に遭遇したらおそらく首をかしげてしまうかも知れませんね☆♪


 

北陸地方にも根付いたか?!金沢ブランド
「横浜」という地域名を出すだけで神奈川県のみならず関東地方全体をも指している代名詞。これと同じような現象が、金沢でも見られるとか…?


 

☆早い!びっくり!北陸新幹線で出かけた金沢☆
3月14日に開業した北陸新幹線に乗車したときの体感レポートがついに登場! 開業5日目にして乗りましたが、本当にあっという間の時間でびっくり(@@)


 

7月1日の「氷室の日」って?
金沢の伝統的な風習の一つ、7月1日には「氷室饅頭」という饅頭を食べる習慣があるのですが、 そもそも「氷室」とは何なのでしょうか。
そして、どのようなきっかけでこの風習が確立していったのかを、ひも解いていきましょう!


 

「やっとかぁ!」と地元民の思い〜金沢駅にもついにICカード対応の自動改札が…
長らく、金沢駅を中心とした北陸地方では、自動改札機とは本当に無縁の状態でした。
それが、2017年の4月から、ついに自動改札が設置されるとともに、IC乗車券にも対応するのです。
特に、金沢駅では「ついにきたかぁ」という地元民の思いにあふれています。


 

身の毛もよだつほどの珍道中〜時間つぶしという名の珍事件
初めて金沢を訪れた際は、お寿司屋さんに傘を忘れて来てしまいそれを慣れない道をたどって取りに行くというハプニングが起きました。
あれから7年余り、どうもこの地に来ると何かしらのハプニングに遭遇してしまうようで(汗)、
今では笑って話せる珍事件ですがそのときはもう全身から血の気が引いてしまいそうなほど不安でしたよ! いったい何処で何がおきたのでしょうか?


 

金沢観光シリーズパート1 ♪金沢蓄音機館♪
これまで金沢を訪れてきた中で出会った、えりすぐりの観光スポットを独自のレポートを交えながら紹介していこうというものです!
蓄音機事態を見ることがめっきり減ってしまった現代で、年代別に展示されたたくさんの蓄音機と、実際の音を目の前で聞くことのできるこの施設は本当に貴重で、
なかなか出会うことができない魅力がたくさん詰まっています!


 

金沢観光シリーズパート2 ☆石引温泉☆
昔はものすごい勢いでひしめき合うようにたくさんあった銭湯も、現在は減少傾向にあるなんて話もあちらこちらから聞こえてきてしまいますね!
ここの温泉は、一歩建物の中に入れば昔懐かしいレトロな雰囲気がたくさんつまった人情味のあふれる銭湯!
地元の人たちに愛され、そのリーズナブルな価格から観光でここに来る人も少なくないんだとか。
はい、ご多分に漏れず私もそんな観光客の一人だったりします!(笑)


 

金沢観光シリーズパート3 ☆近江町市場☆
「金沢市民の台所」という代名詞でも全国的に通じる、言わずと知れた専門店街です!
その日に取れる鮮魚はもちろん、買い物の全てがここで済むと言っても過言ではないほど、多種多様なお店が軒を連ねていますよ!
金沢市民はもとより、週末や祝日ともなればたくさんの観光客も詰めかけて、威勢のいい掛け声もあちらこちらから飛んでいるほどにぎやかです♪ 2009年(平成21年)には、史上の一角に飲食店や青果点の他にも日用品やドラッグストアまでもを併設した「近江町いちば館」という複合施設もできて、 ますます活気にあふれています。お勧めのお店もちゃっかり紹介しちゃうかも!?


 

唯一○○の神様を祀る金沢市の神社が切っ掛けで生まれた食材に関する記念日とは?
何だか摩訶不思議なタイトルですが、○○の神様が祀られている神社が、何と金沢市に存在していたのです。
しかも、○○に当てはまる食材の記念日には、毎年大祭まで開かれているとか…。さて、この○○の正体とはいったい…?


 

金沢観光シリーズpart4☆発酵と糀の魅力を再発見!ヤマト糀パーク☆
金沢には大野地区と言われる港町があり、醤油を中心とした発酵食がすごく盛んなんです (@@)
そんな町の一角に、見て触れて味わって発酵食や糀の魅力を楽しむことができる「ヤマト糀パーク」という施設があるんです☆ 直売所や食堂、そして糀の魅力を体感するガイド付きツアーも開かれることも!?


 

ぜひ一度読みまっし!初の金沢訪問記
これまで、「Amatias資料館」に鎮座していた訪問記が、こちらへ引っ越してきました。読んで字のごとく、興奮冷めやらぬ訪問記でございます! それにしても、仕事とは言えどうしていきなりここへ行ったんでしょうか?



埼玉県エリアへジャンプ!

トップページへ戻る